YouTubeチャンネル開設しました★

第一子出産後が私の暗黒期だった話。

こんにちは。
ともちん@pincky1205です。

最近は毎日がとても楽しくハッピーに過ごせていると思うのですが、タイトルに書いたように、第一子の出産後はたぶんかなりの暗黒期だったなぁと思います。

当時はそんなこと全然思ってなかったけど・・・・
今の私が見たら当時の私はかなりやばかったような。

第一子出産後を振り返ってみる。

約7年前に第一子の誕生。
当時、27歳。

私はとても焦っていた。
新卒で入った大手銀行の総合職を3年で退職、
憧れだったウェディングプランナーになるも、夫の転勤により10か月程度で退職。
東京に引っ越してきて、またバリバリ働くぞ~!と思いながら、派遣社員になって資格の勉強をして転職をしようと目論み、派遣社員へ。
そしたら、なんと妊娠。
派遣社員3か月目に妊娠が発覚。
育休はとれない。
産んだら退職。

産まないという選択はもちろんなかっただけど、私は焦っていた。
キャリアの中断に。
キャリアが中途半端なままに中断することに。
私は大人になったらバリバリ働くキャリアウーマンになることを想像していたから。
一つの会社に長く働くことが「善」と思っていたから。

私はこの先、いったいどうなるんだろう。

今思えば、このときのマインドセット自体がおかしくて。。。。
子どもがいようがいまいが、キャリアが中断しようがしまいが、今は自分でキャリアを切り開いていける時代だから。

今でこそ、そう思えるけど、当時は「同じ会社で長く働いてキャリアを積むことが良し」と思っていたから。。。
私自身のキャリア形成にスーパー焦りを感じていた。

焦っていたから、当時働いていた派遣先でバリバリと働いて、産後も戻っていきやすいような関係構築に努めた。
そして産後。
派遣契約は切れたものの、働いていた派遣先で直雇用で働かないかとお声がかかる。
ありがたいことに。。。
産後はそちらでお世話になることに。

通勤は片道1時間半。

でもはじめの一年は時短を使わずにがんばった。
(今思えば謎でしかないww、なぜ時短使わない?
いや、会社の制度上、入社1年未満の人は時短が使えなかったんだ)

仕事もがんばったし、
子どものこともがんばったし、
家のこともがんばった。

全てをパーフェクトにする女性にななりたくて。
全てをパーフェクトにしないと負けた気がして。

誰に負けるんだよ?ってほんとツッコミたくなるんだけど、
当時は見えない敵と戦ってたような、そんな感じだろうか。

家では毎日イライラしている状況。
あのとき、意味不明のイライラオーラをかもしだしていた私に優しくしてくれた夫には今でも感謝しかないんだけど。

「子どもがいることを絶対に言い訳にしない」
というのが、私がこどもを生んだときに決めたことで、だから子供がいるからと言って仕事をセーブしたくなくて、すごい強がってたなぁ。
あの時の私。

あとは、東京に引っ越してきて、周りに知り合いがほとんどいないという焦りもあった。
学生時代のように心を許せる友人がいなかった。
友達がほしかった。

孤独は無理だ。
安心安全なつながりの中にいたい。
そう思っていた。

だけど当時は会社にしか、知り合いがいない状態で、プライベートでつながるなんて全然なくて。
それも私の焦りの原因。
つながりが希薄だったことも当時が暗黒だった原因だなぁと。

今だからこそ、言えることめちゃあるなぁ。

長くなりそうなので次回へ続く・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です