YouTubeチャンネル開設しました★

【わたしの想い】このサイトを立ち上げた理由

このサイトを立ち上げたときの私の想い。

日本中のがんばりすぎてしまうママたちに少しでも楽をしてほしい

日本のママたちは世界中の母親と比べると、

とても真面目で、 本当にがんばり頑張屋だとおもいます。

私の育児に対する以前の考え

かくいう私も子供が生まれた直後は

「あれもやらなくちゃ!!」

「これもやらなくちゃ!!」

母親だからちゃんとしなくちゃ!!」

「ほかのお母さんたちはもっとちゃんとやってるし!!!」 と、自分が思う母親像というものにすごく囚われていて、 思うようにいかない子育てに焦りや、いらだちを覚えて、 勝手に苦しくなっていました。  

平日は仕事が遅くて、完全なるワンオペ育児。

だけど、旦那氏が帰ってくるときは

「きれいな部屋でむかえてあげなければ!!」

「美味しいごはんを作って用意しおいてあげなければ!!」 と、

誰に言われたわけでもない謎の使命感に襲われていました。  

そして、全て完璧にできないことがあるとイライラして、 旦那氏に理解不能のイライラをぶつけて、いつもぷんぷん怒ってる、 そんな妻であり、ママでした。  

私の考えが変わった日

ところがある日、

「私なんでこんないつもイライラしてるんだろう」

「もうイライラしたくない」と、 ふと思ったわけです。  

そして色々模索しながら、自分と向き合っていった結果、 「誰も母親だから、こうであるべき」という私の中の理想の母親像の価値観を手放すことにしたのです。

理想の母親像というのは人によって違っていて、 全て勝手に私が思い込んでいただけなのです。  

部屋がいつも綺麗でなければならない、ということはなく、

ご飯はいつも手料理を出さなければいけない、とうことはなく、

旦那氏の帰りを待って起きていなければいけない、とうことはなく、

子どもとずーっと全力で遊ばないといけない、とうこともなかったのです。

 誰も何も言ってないの、自分で勝手に思い込んで苦しんでいたことに気づいたのです。  

そして家族にとって最高の母親とは?と考えたとき、  

「いつも楽しそうで笑顔でいるお母さん」  

それが子供や旦那氏が求める最高の母親、妻なんだ!と行きついたわけです。  

そうしてスーパーズボラママの完成へ

というわけで、がんばるとイライラしてしまう自分の性質に気づき、 無理にがんばろうとするわけではなく、  

手を抜けることはどんどん手を抜く。 とことん楽をする。 嫌なことはしない。  

そうして、スーパーズボラママが完成しました。  

ズボラであることを認めると、ストレスもなくなり、 自然と笑顔も増えていきました。家庭内が明るくなり、家族とのコミュニケーションが増えていきました。

日本中の頑張りすぎなママが少しでも楽になる情報を提供していきたい

というわけで、日本中にたくさんいる頑張りすぎのママたちが 少しでも楽になれるような、

ほっとできるような、 こうやって楽する方法もあったか、 こんな考え方もあったか、

そんな風にすこしでも気持ちを緩めることのできるような情報を、発信していきたいと思います。

こんなズボラでも子育てできるんだと励みにしてもらえるとうれしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です