YouTubeチャンネル開設しました★

イライラしない子育て?!

今日は風があってなんだか秋の予感のする天気ですね ★

最近の猛暑続きから、今日は少しさわやかな風で、なんだか一気にパワーアップできそうです!!

今日は今話題のアンガーマネジメントについて勉強したので、復習もかねてブログにしました 。

アンガーマネジメントとは。

タイトルに書いたようにイライラしない子育てっていうのは、ほんとうにできるのか?!と考えたときに、、、、

やっぱり現実的に無理ってなります。。。。

子供は宇宙人のようなもので、時間の感覚もなければ、親の都合なんて関係ない。

だから親はイライラ~ってしてしまうものですよね!!

このアンガーマネジメントは「イライラしない」ためではなく、

その「イライラと向き合ってコントロールする」っていうのが目的なんですって !!!

この方法を知っていればもしかしたら、うまく怒りをコントロールして、感情的に子供に怒ることがなくなるかもって思いました。

その方法は、大きく分けて3つあって。。。。

1つ目「6秒間我慢する」

 怒りのピークは最初の6秒間なんだそう。

だから、言葉を発する前にとりあえす6秒間無心でカウント。。。

そうすると怒りの感情にまかせた発言を抑えることができて、

本当に叱るべき場面なのか、

ただ自分の都合による怒りなのか客観的に判断できるそうです!!

2つ目「~であるべきを手放す」

自分の中に『〜すべき』が多く、強いほど、

怒りが生まれやすくなるらしい!!

不要な『べき』は捨てていくと、「まぁ許せるか」という許容範囲が広がっていくんだって。

たとえば、代表的なのは、「母親はおいしい手料理を作るべき」とか?

その価値観にとらわれて、ごはんを作るのに時間をとりすぎて、

そのあいだに子供がぐずってきて、 足にまとわりついていていらっとしちゃう。

みたいなシーン、よくありませんか? (我が家ではよくある・・・)

それより、ちゃちゃっと手抜き料理や時にはお惣菜もうまく活用せもらって、

こどもとたくさん遊んであげたほうが、こどもも親もハッピーなのかもしれません!!

 3つ目「しょうがないことは割り切る」

 自分の怒りによって変えられることと、変えられないことがあることを理解しておくことが大切!!

 急いでるときにかぎって、こどもが「トイレ~」と言ったりする。

 あるあるですよね!!

 でも子供のトイレのタイミングなんてものは、怒ったからって変えられるものじゃないんですよね・・・・

 それだったら、事前に少し早めにでるとか、怒る以外にもいくらでも方法はあると。

 

なるほど・・・・

 

確かに怒ってもどうしようもないことってたくさんあるわ。。。。

 

こどもがお茶をこぼしたとか。。。

この事実は怒ったって変えられないからね、感情的にならず、

「次はどうしたらこぼさないで飲めるとおもう?」みたいな

ことを言えばいいのか!!

 

まとめと目指す姿

ということで、

この3つをうまく実践できれば、怒りをコントロールできて、

きっと穏やかな日々が過ごせるような気がしませんか。

 

あくまでも怒りの感情をなくすのではなく、「コントロールする」なんですね。

 

あとは、怒りをコントロールできる人は年収も2になるとか、

寿命が7年長くなるとか言われてるそうです!!

 

 そんなにすぐに定着するのは難しいけど、

少しずつ、できることから。。。

 

私も穏やか母さんを目指してがんばります!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です